ファッションデザイナーは男がお好き?

ファッションデザイナーには同性愛者が多い?

何故こうも多い

ファッションデザイナーというモノは常にセンシティブに生きていなければ、類稀なる作品を生み出す事は不可欠なのかも知れない。物を作り出すという仕事は常に創造の極地に至らなければなしえないこと、と体裁よく付けてみるが一理あると考える人もいるかもしれない。理屈や道理といったモノで片付けられることではなく、クリエイティブ志向の強い職業になればなるほど独創性というものを評価される傾向にある。そしてクリエイティブの仕事を専業として行なっている人間の大半は、一般的な観点からすると少し人とは違った感性を持っていると、異分子的な目線で眺めている人も居るかもしれない。しかし作り出すという点においては、人間誰しも備え持っているものだ。その代表的な例としては人間が人間を作り出すことの出来る繁殖行為、生物としての本能行為がその代表的で、そして原点とも言える作り出す作業ではないだろうか。作り出すという言葉で生命の誕生を述べることを不貞と感じる人も居るかもしれない、だが生み出しているということは作り出しているということとそれほど際はないように感じられる。男性と女性が1つになるとき、そしてその中で確実に新たな生命が誕生するとは一概に言い切れないからだ。それこそ奥単位に存在している遺伝子情報同士が結合することによって初めて誕生する、そう考えれば生命誕生がいかに神秘的なものなのだろうと感じられるかもしれない。

そうして人間が繁殖して行く歴史においてドンドンその数を増やしていくことになった結果、世界には現在60億人を超える人間が住まうようになっている。それこそ一日に一人人間が世界各地に誕生していると考えられるような爆発的なスピードでだ。人間としての歴史が出来上がってから早2000年以上経つ中、様々な人々が誕生している。それこそ人々に扇動して国を治める存在や、共感をえるように自身を世界に表現して行くといった方向など、人々の中にはそうしたカリスマ性を醸し出している存在はいつの世にも存在しているものだ。現代においてそうした先駆的な感性を兼ね備えている代表的な人物像の一つとして考えられているのは、デザイナーというものを作り出す人々のことではないだろうか。特に服飾関係のデザインを専業として行っている人間の中には自国ではおろか、世界中の人々の共感を集めることで一大世界企業としてなしえる巨額の富を手に入れた人もいる。夢のある話だが、それはその人自身の素質という点において左右されること確実だと言っていいだろう。

豊かな表現力を持って世界の一流トップブランドとして存在しているファッションデザイナーの中には、それこそ戦前間もない時代において発表して現在までその人気を不動のものとしているブランドも存在していますが、そうした意味ではファッションが注目を集めるのはもちろん、デザイナーに人々の関心が向けられるものだ。ないものねだり、または好奇心から探求して見たいと考えている人もいるかもしれない。この際理由は置いておくとして、デザイナーという職業はどうしてこうも素晴らしい作品を作り出すことが出来るのだろうと、どうしたら自分もあんなふうになれるのだろうかと考えているデザイナーの卵は沢山いると思います。その中で、一体どのくらいの人間が成功するかなどそれこそ数えるくらいの人間しか夢のような成功を収めることはできないと考えたほうが早いかもしれない。だからこそ成功している人間に対して羨望などを持つのかもしれない。

ここから先は才能という曖昧な言葉で括られてしまうが、一重にそれも考えられると判断した方がいいかもしれない。デザイナーとはそういう意味では生まれ持った感性がなければ中々なしえることはできないのかもしれません。ファッションデザイナーという仕事ほど特殊な仕事はないと考えたときに実はある共通点がファッションデザイナーとして活躍している人々の中に存在していることをご存知だろうか。これは特に世界各地、日本以外の国に住むファッションデザイナーに当てはまることなのかもしれない。日本ではあまり馴染みはないと思われるが、現在における世界的に有名なブランド系ファッションを作り出したデザイナーには男性が多く、そしてそんな人々の中には同性愛者が多く存在していることをご存知だろうか。これは全てのデザイナーに共通していることではない、ただあまりにも有名すぎるブランドのデザイナーたちが同性愛者であることを公言しているなどの事実をまとめてみると、まさかこのブランドのデザイナーもそうだったのかという、資料を調べてみたら驚くような事実ばかりが出てきました。誰もが知っているファッションデザイナーが実は同性愛者であった、その事実は良いでしょう。しかし日本では同性愛者に対しては排他的な存在であることに代わりはない。世界的な気運で同性愛者同士の結婚を認め始める国も出てきている中では、日本はそんな国からすれば差別的と取られてしまうこともあるかもしれない。しかしこの日本にもそんな同性愛者は存在しています、公言していないだけで実は、という人もいるでしょう。ただそんな人々の中には売り物として同性愛者であることを公言している人間もいるが、正直そういう人間を見ていると筆者としては吐き気と侮蔑の念を持っている。海外で同性愛者であることを公言している人々が、それを肩に乗せて売り物にしているように見えないことを考えれば、いかに下卑たことをしている人間がこの国には沢山いるのだろうと考えたら、セクシャリティ的な見解では最低だろう。中にはそもそもそういった性癖を持ち合わせていない作られた仮面を被っている人間もどうかと考えている。本気で自身のセクシャリティに対して悩んで苦しんでいる人間がいることを考えれば、その傷を抉っていることに他ならないだろうと最近では考えている。

話が長くなったのでこのくらいに留めておこう、ファッションデザイナーとして活動している海外のデザイナーにはどうしてこうも同性愛者であるという共通点が生まれているのだろう。これは確かに疑問すべき議題として考えれば、付き詰めたくなるモノではないだろうか。ではそんな同性愛者であるということを臆面もなく、そしてその実力を遺憾なく発揮し続けている活動しているファッションデザイナーたちについて話をしていこう。

日本にも影響を与えているブランドも多い

ファッションデザイナーとして活動している人の中には同性愛者が多いと語ったが、ここで少し代表的な例を挙げながら話を進めていこうと思う。日本にもブランド展開している『マークジェイコブス』という単語を聞いたことがある人もいるのではないだろうか。これはデザイナー本人の名前でもあるが、彼が作り出したブランド名としても使われているものとなっているブランドである。ファッションということで服はもちろんだが、個人的な印象ではこバッグなどが特に女性受けしそうなものとなっている商品を数多く取り揃えているものが用意されている。付け加えるとこれらを作り出しているのはブランドを立ち上げた人間は男である、そしてそんなマークもまた同性愛者であることを公言している一人でもある。

実際に彼は同性愛者であることを公言し、度々メディアの前でもボーイフレンドを連れて登場していることなどかなり公にしていることが伺える。そして彼は大変な親日家としても知られており、その理由としては彼本人が成功することになったきっかけとして、日本企業と契約したことによって成功の足がかりをつけることに成功したからというのが理由となっているそうだ。どこの企業と契約したのだろうかと思うが、それは現在でも婦人服関係に関しては大手服飾販売店として活動している『オンワード樫山』との契約が全ての始まりだという。

そう考えると確かに彼の作り出すブランドは日本女性に対しては非常に相性の良い、もしくは印象の良い物が創られていると考えられる。無論全ての人が好き好んでいるわけではないだろう、しかしこうしたブランドは派生効果によってその人気を不動のモノへとして行くものだ、気に入った人間から口コミでドンドン広がっていけばゆくゆくは人気ブランドとして認められることも、そう遠くはないだろう。

こうしてマークジェイコブスというブランドと、本人の名前は瞬く間に世界へと知れ渡るようになっていくと現在ではパリコレなどにも度々出展して前衛ブランドファッションを発表していきます。筆者としてはそこまでこの人に対してどうこう思っていることはない、むしろ前衛的な作品を常に定期的に発表しているということで尊敬もしている。こうした仕事は常に先端で鋭敏な感性豊かな商品を作り出すことが求められていることを考えればいいだろう、そしてとの争いは他ブランドとの熾烈な市場争いを繰り広げていくことになる。いかに斬新な商品を作り出せるかがファッションには大事なことなのだろうかと思い知らされることもあるかもしれない。荒波の中で常にブランド商品を作り出しているマークジェイコブスは日本の、本当にセクシャリティがそのままなのかと疑わしい人間などと比べたら、クリエイティブ的な才能と常に新しいものを発表している人間であるといっていいのではないだろうか。

デザイナーとしてはもちろんだが

ファッションデザイナーというものは何かと矢面に出されやすい性質を持っている職業となっているが、それも如何せんセレブリティさを醸し出している人間であればあるほどだろう。日本でも大概ゴシップなどを好んでいる人間というものは多いが、これは欧米諸国ともなると巨万の富を獲得している人々に対して常に興味関心を持っている人が非常に覆いという印象を受けることもある。その中にはスタートして活動している芸能人などを中心となっているが、各業界分野などでも多額の資産を保有している人々のプライベートな情報というものを一度でもいいから目にして見たいと思っている人は多いのかもしれない。日本でもそれとなく芸能人などの目撃情報などを集めて週刊誌に掲載するなど、マスコミによる芸能人の私的空間を蝕む包囲網については世界共通で震撼するほど綿密に形成されているものだ。

ゴシップ誌などの記者によるプライベート暴きは時々恐ろしくなるような手口を用いて著名人達の私情をこれでもかと世間へと公開していきます。その中にはマークジェイコブスも当然含まれています、そして彼は同性愛者を公言していることもあって、時にはプライベートで恋人とのツーショットと撮影されることもしばしばあります。そんな写真は当然ながら人に見せるために用意されたものではなく、パブリック性など一切持っていない素顔であることがほとんどだ。人の好奇心など無用なもののように感じられることもある中で、どうしてこうした情報を好んでいる野蛮な人は必ずいつの時代にも存在しているものだ。プライバシーの侵害と報道の自由のジレンマ、とでも言うべきだろうか。何にしても、デザイナーとして活動している人間にとって、こうしたプライベートを暴かれるというのは決して良い気分ではないことだけは確かだろう。

同性愛とファッションとの文化的繋がり

ゴシップ的なネタを好んでいる人々も多いが、それよりもファッションデザイナーとして活動している同性愛を公言している人々の凄いところ、それは類稀な歴史的に影響力を与えていると言ってもおかしくない人々が同性愛者として公言しているが、どんな人達がいるのだろう。そして何故かファッションデザイナーとして活動している男性の中にはこうした同性愛であることを認めて活動している人が実に多い。ここで一例として何人か紹介していきましょう。

  • カルバン・クライン
  • ヴァレンティノ・ガラヴァーニ

この名前を出しただけでも分かるだろうが、聞いたことがある名前であることだけは確かだろう。その他にも沢山いるが後々紹介して行くが、それこそ名の知れ渡り具合は歴史という垣根を越えている次点でスケールが非常に大きい。そのために一部の専門家からはファッションデザイナーに対してのある偏見が内在している。

『ファッションデザイナーは同性愛思考でないといけないのだろうか?』

という風に本気で考えている人もいるというのです。この後に紹介する人々の名前を連ねることを考えると、自分は有名なデザイナーになれないのではないだろうかと錯覚を起こしてしまう人ももしかしたらいるかもしれない。まず一言付けるとそんなことはないと発言しておく。このような考えが広まってしまうと若い才能を積んでしまうような偏見や誤解などが生じてしまう恐れもあるため、断言しておく、ただ文化的な差異があることだけは事実だろう。その辺についても掘り起こして話をしていこう。

ファッションデザイナーには同性愛者が多い?